EISUKE'S CHOICE 2020

1 min read

Artists:

Akinobu Ito, Aichi Prefecture
With a distinct interpretation of the Eastern and Western ancient pottery and an expressiveness that is undisturbed by the times, Akinobu Ito has built a unique world.
Centered around color paintings that symbolize his work, the range of production continues to expand.
His work is currently one of the hardest to obtain in Japan.

Takaaki Inui, Ehime Prefecture
A hundred year old chair that he saw in a German church was his entrance to the world of woodworking
While he loves wood as a material, He also actively uses metal in his projects.

Shingo Oohira, Shiga Prefecture


Kan Kishino,  Mie Prefecture
Yakishime, Ido, Kohiki techniques, Kan Kishino is the divine potter in pursuit of the imperial-style stoic Japanese ceramic arts. Kan Kishino continues to research ancient oriental pottery; his ability to gain insight from the antique craftsmanship cannot be surpassed even by certified experts. He takes the antique ware in his hands, carefully examines it - the shape of the inner part that dips in is certainly indicative of a potter of that time.
Furthermore, he looks at the way it's made and the materials to make inferences. For his own pieces, he's relentless and carries a heavy burden by constantly asking, "what is the meaning of making things?".
Kan Kishino's pieces are not reproductions. They are creations.


Shigetaka Suzuki, Chiba Prefecture
Hitoshi Fujisaki, Kanagawa Prefecture
Tokuhiro Masubuchi, Miyazaki Prefecture
Maiko Miyaoka, Tokyo Metropolis



大平新五 滋賀県
陶芸専門の窯工房を営んでいるうちに、自らも陶芸家に。窯職人として日本各地の有名無名の陶芸家の数百に及ぶ窯を実地で知り、また、古物商としての顔も持つため、古陶とも数多く関わります。古さの中に、新しさを感じる焼き物です。

岸野寛 三重県
焼〆、井戸、粉引など、日本陶芸の王道をストイックに追求する焼き物の申し子。東洋の古陶を研究し続ける岸野さんの、作り手として骨董を見る眼力は現役陶芸家の中でも群を抜きます。手に取り、じっくりと見て、骨董の内側へ入っていく姿はまさに当時の陶工。そしてその製法、材料を割り出します。常に自らの仕事に厳しく、重い負荷をかけ「モノ作りとは何なのか」を自作に問い続ける、岸野さんの仕事は再現ではありません。創造です。

鈴木重孝 千葉県
人間国宝である塚本快示氏に師事後、独立。白磁から焼締、織部まで陶芸のほとんどのジャンルを高いレベル且つ現代的な表現で展開します。自然の中で毎日の暮らしを楽しみながら生み出される、洗練されたうつわは機能美にあふれます。

藤崎均 神奈川県
大学で建築を学び、卒業後家具工場へ就職、その後イタリアミラノに移り家具製作を軸に独立。日本に帰国後は食器、オブジェ、家具と活動の幅を広げています。幅広いバックグラウンドと持ち前の器用さで、洗練された木工作品を生み出します。

増渕篤宥 宮崎県
卓越した技術と、効率完全無視の制作スタイルで築き上げた精緻で華やかな「彫り」の仕事です。最近は大胆さも加わってきました。まるで機械のような作業を人間が取り組む意味を信じ、機械を超える超絶技巧と、機械が持たない柔らかい感性で制作の進化を図ります。

宮岡麻衣子 東京都
絵画、音楽と一通り経験した末に行き着いたのが陶芸でした。中でも、柔らかく自由な初期伊万里に魅せられ、宮岡さんはその魅力を現代のうつわとして再構築します。製法、造形等、高い水準に引き上げられた焼物の各要素を、バランスよく取りまとめるのは、宮岡さんの感性であり、初期伊万里への素直な愛情です。